引越し時の挨拶について

引っ越しの挨拶は当然しておいた方が良い

引越しをする際に忘れてはならないのが隣近所への挨拶です。近年では、昔に比べて近所付き合いが減少しています。

ですが、それでも隣近所との付き合いを重視している人は沢山いらっしゃいます。

Allaboutが実施したアンケート調査によれば、隣近所の引越しの挨拶に対して、18パーセントの人が「当然のこととして受け止める」と回答し、67パーセントの人が「どんな人かわかって良かった」と回答しております。

引越しの挨拶に関しては85パーセントの人が肯定的な評価を下しています。このアンケート結果からもわかるように、引越しの挨拶をすると隣近所の家に良いイメージを与えます。

引越し後の人間関係を円滑にするためにも、引越し時には必ず引越しの挨拶をしておいた方がよいでしょう。

引っ越しの挨拶のやり方

引越し挨拶は通常、引越し前と引越し後の2回行ないます。引越し前には、隣近所の家やお世話になった家に、事前に引越しする旨と作業中には迷惑をかける旨を連絡しておきましょう。

挨拶の時期としては、当日に隣近所とのトラブルを起こさないためにも、前日から2日前ぐらいに挨拶をするのが良いでしょう。

引越し後の挨拶は、今後の近所付き合いに影響を与えるので、非常に重要です。引越しを済ませたら速やかに近所の家に挨拶をしましょう。

一般的には、一軒家の場合は、向かいの三軒と両隣の家に挨拶をすべきだといわれます。賃貸アパートやマンションなどの集合住宅では、両隣と上下の階の住民、管理人に挨拶をするようです。

引越し後の挨拶の際は、挨拶品も用意しておきましょう。挨拶品の価格は、500円から1000円くらいが一般的です。

初対面で相手の事を十分に理解していないので、挨拶品としては、タオル・石鹸などの誰にとっても役立つものが無難でしょう。

引越しをする際には、引越し業者の選定やら荷造りや引越しの準備やらで非常に忙しくなります。

役所や企業の手続きも大変です。作業が忙しいので大変だとは思われますが、隣近所への引越しの挨拶は非常に大切なので、忘れずにしましょう。

特に、引越し後の挨拶は重要なので隣近所の家に、挨拶品を携えて赴きましょう。

おすすめの引越し業者見積もりサイトはこちら


ズバット引越し比較

220社以上の引越し業者から引越し料金を見積もることができます。一括見積もりで最大50%オフ。