引越し当日に最低限注意すべきポイント

引越し業者に依頼する場合、引越し当日の作業は、引越し業者のスタッフが担当します。

引越しの依頼主は作業に加わる必要はないのですが、現場の状況の監督など、最低限やらなければならないことがあります。

まず、引越しの業者が到着したら、当日は責任者としっかり打ち合わせをするようにしましょう。引越しの作業はとてもスピードを重視して行なわれます。

引越しの作業が始まってからでは、作業に忙しくて、なかなか打ち合わせの時間が確保できないでしょう。

疑問点や注意事項を整理しておいて、現場の責任者としっかり意思疎通をしておきましょう。

引越しの作業中は作業に加わらない代わりに、作業の成り行きを観察しておきましょう。

必要最低限指摘と作業員への気遣いが大切

引越しの現場には初心者の派遣スタッフが混じっている可能性もあります。

経験豊富な派遣スタッフや直属のアルバイトでも、契約内容や打ち合わせの内容を把握していないのが普通です。疑問があったら、その場で作業員に確認をとりましょう。

ただし、必要以上に作業に介入するのは禁物です。話しかけると作業が中断します。作業が中断すると、時間通りに作業が終了せず、追加料金が発生する恐れがあります。

的外れでトンチンカンな指摘をした場合、汗水をたらして働いている現場のスタッフに嫌われることもあります。

現場のスタッフの労働条件は非常に過酷です。できる限り、作業員には気を使うようにしましょう。

夏季には熱中症対策も必要です。熱中症患者が発生すると、作業の予定が大幅に狂い、追加料金が発生する可能性があります。

なによりも、作業員に熱中症患者が出ると、折角の引越しの記念日も後味も悪いものとなります。自分たちの為にも、作業員の為にも、タオルや飲料を作業員に差し入れておくとよいでしょう。

引越し当日は、引越しの作業には加わらなくてよいですが、現場の状況を的確に把握し、荷物の運搬などについて監督しましょう。

問題があったら、必要最低限指摘するようにしましょう。作業員に対しての気遣いも大切です。

そうすれば、自分たちにとっても、作業員にとっても、スムーズに気持ちが良い引越しができるでしょう。

おすすめの引越し業者見積もりサイトはこちら


ズバット引越し比較

220社以上の引越し業者から引越し料金を見積もることができます。一括見積もりで最大50%オフ。