引越し業者の外注事情

引越し業者は、引越しサービスやその他の付帯サービスを提供していますが、全てのサービスを自社で内製化しているわけではありません。

建設業界やIT業界をはじめ、多くの業界・業種は、資金や技術・労力・時間の不足によって、自社が売り出すサービスや製品の一部を外注で対応しております。

引越し業者の場合も同様で、引越し業務の一部や付帯サービスを外注で対応したりしております。

引越し業者は、常にすべての引越し業務を自社で対応しているわけでは御座いません。

引越し業務は、繁忙期には、莫大な労働力が必要とされるので、自社の社員だけでは対応できません。

繁忙期ではなくても、大規模な現場が入ると、外部からの人材に頼る必要が生じます。

引越し業者は、多くの人材を抱える派遣会社とパイプを持つことで、労働力不足という不測の事態に対応します。

引越し業者は、付帯業務の一部を外部の業者に委託することがあります。

引越し業者は、たとえば、梱包・開梱作業、不用品の処分、エアコンの取り外し・取り付け、電気工事、清掃、ピアノ・美術品・バイク・乗用車・ペットなどの引越しに関わる業務を付帯サービスとして提供しております。

しかし、これらの業務には、頻度が少ない割に、専門性が要求されるものもあるので、外注で対応する事も少なくありません。

例えば、電気工事やエアコンの取り外し・取り付けなどは電気工事業者(電気屋)、不用品の処分や清掃などはハウスクリーニング業者に業務委託することも多いです。

引越し業者は、引越し業務や付帯サービスを外注で対応することが多いです。外注で発生する料金は企業によってもことなりますけれども、一般に内部の社員で対応するよりも、一回あたりの費用は高くつきます。

人材派遣会社に依頼した場合には、サービスの質も著しく低下します。外注をすることで、価格やサービスの質に大きな影響を与えます。

業者選びをする際には、外注によって料金が向上していないか、見積もりの一つ一つの項目をしっかりチェックしましょう。

おすすめの引越し業者見積もりサイトはこちら


ズバット引越し比較

220社以上の引越し業者から引越し料金を見積もることができます。一括見積もりで最大50%オフ。