引越し業者の規模

引越し業者は規模によっていくつかに分かられる

引越し業者は、アート引越しセンターやサカイ引越しセンターなどが大手の業者として知られています。

これら大手の引越し業者のほかに、中小の引越しを専門業者は、多数あります。

引越し会社の規模が違えば、料金やサービスの質も異なります。会社の規模は引越し会社を選定する際に重要のポイントとなるでしょう。

引越し業者は、規模に応じて、大手引越し業者、中堅引越し業者、軽貨物引越し業者に区分されます。

それぞれの違いは?

大手引越し業者とは、アート引越しセンターのように著名な引越し専門業者をいいます。

専門の引越し業者なので、引越しに必要な資材・人材・ノウハウを十分に蓄積しております。

大手なので、多くの人材が確保でき、業務提携をした関連業者も多く、教育や管理体制にも力を入れております。

安定して高いサービスを受けることができます。ただし、宣伝・広告費や教育費に多くの資金を投入しておりますので、価格は比較的高めに設定されております。

中堅引越し業者は、中小の引越し専門業者をいいます。需要が高く、業者数が多いため、業者によって価格帯やサービスの質が大きく異なります。

大手企業に対抗するために、料金を下げる代わりに、引越しの受注件数を増やして、利益をあげる企業が多いです。

引越しの受注件数が多いので、現場で技術を学んで、高いレベルに達する作業員も沢山います。

引越しに専門特化しているので、引越しに必要な資材・人材・ノウハウも蓄積されております。

ただし、業者によって、規模が小さく、価格帯やサービスの質が違うので、安定性がないという欠点もあります。

軽貨物引越業者は、規模の小さい引越しを担当する業者です。引越しを専門としていない、引越し兼業業者が多いです。

兼業業者なので、引越しに必要な資材・人材・ノウハウも蓄積されていないことも多いです。貨物積載量も350kgの制限があります。

引越しをするものが作業に加わる必要が生じることもあります。それでも、価格が非常に低く抑えられるので、小規模な引越しの場合、検討してみてもよいでしょう。

大手引越し業者、中堅引越し業者、軽貨物引越業者はそれぞれ強みと弱みがあります。自分たちが引越しするのに必要な費用や労力・ノウハウに照らして、最も適切な規模の業者を選ぶとよいでしょう。

おすすめの引越し業者見積もりサイトはこちら


ズバット引越し比較

220社以上の引越し業者から引越し料金を見積もることができます。一括見積もりで最大50%オフ。