個人で引っ越しするのは大変

引越し業者を用いると費用がかかるので、自分自身で引越しをしようと検討している方も沢山いらっしゃるでしょう。

一人暮らしの引越しで、なおかつ短距離で、荷物も非常に少なく、友達も作業に動員出来るのなら、それでも良いかもしれません。

しかし、荷物が多かったり、長距離であったり、家族単位であったり、友達の協力が望めなかったりするなら、自分たちだけで引っ越しするのはやめたほうが良いでしょう。

自分たちで引越しをするなば、費用は安く抑えられると思われがちです。でも、引越しに労力がかかるならば、かえって割高になってしまう可能性もあります。

自分たちで引越しをする場合は、資材やトラックを自前で入手する必要があります。また、エアコンの移動をする場合は、電気会社とも自分で契約を結ぶ必要があるでしょう。

荷物が多い場合、諸経費を全て含めると、場合によっては、引越し業者に頼んだ方が割安になることもあるでしょう。

引越しをする場合、重い荷物を大量に運ぶ必要があります。個人宅の場合、事務所とは違って、エレベーターがないことも多いです。エレベーターがない状態で、引越しをするととんでもない労力がかかります。

荷物が多い場合、家族だけでは対応できないかもしれません。友人に助けを求めるとしても、個人の人脈は限られていますので、労働力を集めるのも一苦労でしょう。

また、労働力や資材を揃えても、引越しに必要な知識やノウハウがなければ、大量の荷物を運搬して引っ越すことは危険です。引越しは単純な作業にみえて、段取りや作業に多くのノウハウが必要とされます。判断を間違えれば、モノや建物の壁を傷つけたり、トラックに荷物を載せられなかったり、そもそもスペースの問題で荷物を搬入・搬出ことすらできなかったりします。

家族単位の引越しなど、荷物が多い場合には、無理に自分たちで引越しをしようとすることは避けた方が良いでしょう。

資材やトラックを自分たちで入手するとかえって価格が高くなることもあります。大量の労働力も必要です。ノウハウがなければ大事故を招く事もあります。できるかぎり、引越し業者に委託する方向で検討してゆきましょう。

おすすめの引越し業者見積もりサイトはこちら


ズバット引越し比較

220社以上の引越し業者から引越し料金を見積もることができます。一括見積もりで最大50%オフ。