引越し業者の料金の仕組み

引越し料金を抑えるためには、引越しの料金体系について理解しておく必要があります。引越しの料金の計算方法は非常に複雑ですが、基本的な計算方法はどの業者でも共通しております。

引越し料金の合計値は、「引越しの基本料金・作業料金」に「実費」と「付帯サービス料金」を加えた数値で算出されます。

時間制と距離制がある

「引越し業者の基本料金」とは、それぞれの引越し業者が国土交通省に登録した、「引越約款」に基づいて算出された基本料金のことです。

料金の計算方法には、時間制と距離制があります。

時間制の場合、引越し業者なら4時間または8時間が、軽貨物運送業者の場合は、2時間または8時間が基礎時間として定められています。

距離制の場合には、引越し業者なら100キロメートル、軽貨物運送業者の場合には30キロメートルが基礎距離として定められています。これらの基準を超過すると、別途料金が発生します。

実費とは

「実費」とは、引越しの作業にかかった経費・費用のことです。実費としては、例えば、作業員の作業料金、梱包材・資材の料金、高速道路利用料金などの交通費が含まれます。

付帯サービス料金とは

「付帯サービス料金」とは、各引越し会社が設定しているサービスにかかる料金をいいます。

付帯サービスとしては、例えば、梱包・開梱作業、不用品の処分、エアコンの取り外し・取り付け、電気工事、ピアノ・美術品・バイク・乗用車・ペットなどの運搬に注意を要するもの運送サービス等が用意されているでしょう。

これらの付帯サービスには、引越しとは異なる専門性が要求されるものも含まれています。

自社で賄えないサービスは、提携業者に外注することで対応していることも多く、割高になることもあるので注意が必要です。

削れる部分は削っていく

引越し料金を抑えるためには、引越し料金の体系を理解して、削れる部分を削る必要があります。

例えば、引越しの実費には、作業員の作業料金が含まれます。事前に作業量を減らすために不用品を処分しておけば、引越し料金を抑えることができるでしょう。

料金の計算を業者に丸投げするのではなく、不要な部分はできる限り切り落とすなどの工夫をしましょう。

おすすめの引越し業者見積もりサイトはこちら


ズバット引越し比較

220社以上の引越し業者から引越し料金を見積もることができます。一括見積もりで最大50%オフ。