引越し時に必要な各種手続き

引越しをする時には、業者選びや荷造りをだけではなく、役所の登録変更や業者との契約の解除・締結などの手続きも忘れてはなりません。

普段日常生活を送っている分には意識しませんが、生活に必要な契約や登記事項は非常に沢山あります。これ等の契約や登記事項を変更するのは、想像以上に大変なものです。

まずは、どのような手続きが必要なのか、時間をかけて整理してみましょう。

今回は、「公共機関関係」、「光熱費関係」、「金融機関」、「自動車・バイク関係」、「通信関係」の5グループに分けて、必要な手続きを整理してみました。

「公共機関関係」の手続き

  • 転出届・転入届の提出…転出届は転居前14日から手続きが可能で、転入届は転居後14日以内に手続きが必要です。
  • 印鑑登録。国民健康保険証の再発行…転居後14日以内に手続きが必要です。
  • 国民年金の登録変更…転居後14日以内に手続きが必要です。
  • 在学証明証・転学生徒教科書用図書給与証明書の転居先の役所への提出
  • 郵便局へ転出届の提出

「光熱費関係」の手続き

  • 電気の契約の変更
  • 水道の契約の変更…引越しの前日までに連絡が必要です。
  • ガスの契約の変更…引越しの前日までに連絡が必要です。

「金融関係」の手続き

  • 銀行・クレジットカードの登録内容の変更
  • 銀行・クレジットカードの口座移転

「自動車・バイク関係」の手続き

  • 運転免許証の登録事項変更
  • 自動車保険や車検証等の登録事項の変更…転居後15日以内に手続きが必要です。
  • 原動機付き自転車のナンバーや車両番号交付証明書の再発行…転居後15日以内に手続きが必要です。

「通信関係」の手続き

  • 電話・携帯電話の登録内容変更
  • インターネットプロバイダーの引越し
  • 登録サイトの住所変更

引越し時の手続きは、登録変更や契約解除・更新をすべき機関や企業が沢山あります。すべての作業を終わらせるには、意外と労力や手間がかかります。

手続きもすぐに完了せずに、時間がかかることもあるでしょう。

引越しの時期には、荷造りや引越し業者の選定で忙しいとは思われますが、できる限り早めに手続きを済ませておきましょう。

おすすめの引越し業者見積もりサイトはこちら


ズバット引越し比較

220社以上の引越し業者から引越し料金を見積もることができます。一括見積もりで最大50%オフ。